COVID-19関連についてのお知らせ

・「感染縮小期」への移行について(10月20日)

10月20日(水)から本県の警戒レベルが「感染縮小期」に移行されますが、気持ちを緩めることなく、徹底した感染回避行動を継続して実践するようにお願いいたします。

・「感染警戒期」への切り替えについて(9月29日)

10月1日(金)をもって、本県の警戒レベルが「感染対策期」から「感染警戒期」に切り替わります。
県内外の感染状況を注視するとともに、感染が減少傾向に転じても、気が緩み、感染対策が疎かにならないよう、引き続き、徹底した感染回避行動を実践するようにお願いいたします。

感染警戒期1感染警戒期2

感染警戒期3感染警戒期4


 ・熱中症対策を踏まえたマスクの着用について

気温も高くなり、熱中症が危惧されます。
体育や部活動では、熱中症への対応を優先いたします。
登下校中も同様ですが、以下を徹底してください。
(1) 公共交通機関内では必ず着用してください。
(2) 自転車、徒歩に限らず、夏期の気温・湿度や暑さ指数(WBGT)が高い中では、熱中症のリスクが高くなるので、マスクを外してもかまいません。その際には、「十分な身体的距離を確保して、会話を控える。」「交差点等の信号待ち等で、密集状態になる場合には、会話をしない。」などに注意をしてください。

 


生徒・保護者の皆様へ

 以下の理由により、お子様が登校することができない場合は、出席停止扱いとし、欠席とはいたしません。保護者の方からホームルーム担任に御連絡ください。

  • 生徒または同居家族の感染が判明した場合及び感染者の濃厚接触者に特定された場合
  • 生徒(感染まん延時には、同居の家族を含む)に発熱等の風邪の症状がみられるなど、感染が疑われる場合
  • 感染することへの不安によって登校しないことを望む場合
    ※ 生活圏において感染経路が不明な患者が急激に増えている地域で、同居家族に高齢者や基礎疾患がある者がいる場合などの事情があって、他に手段がない場合など、合理的な理由があると判断できる場合に限ります。

 なお、自宅待機をした生徒の保護者の方は、生徒の登校後、本校のホームページに掲載(各種様式)している「新型コロナウイルス感染症の拡大を防ぐための対応による欠席届(診断書不要)」を御提出ください。