カテゴリ:部活動

ボート部選手の活躍紹介記事

ボート部 岡山さんが、愛媛のアスリートを称える愛媛新聞スポーツ賞を受賞し、紹介されました。

2022年1月1日付 愛媛新聞

ボート部1

掲載許可番号:d20220105-01

 ボート部 名合さんが、夏に行われたインターハイ関連の特集で、紹介されました。

2022年1月3日付 愛媛新聞

ボート部2

掲載許可番号:d20220105-01
愛媛新聞ONLINE

笑顔のえひめ文化・スポーツ賞を受賞【囲碁・将棋部】

12月27日(月)に、囲碁・将棋部が愛媛県庁本館4階正庁での「笑顔のえひめ知事表彰式」に女子部員3名で出席してきました。

受賞対象は、第45回全国高等学校総合文化祭(紀の国わかやま総文2021)、第57回全国高等学校将棋選手権大会将棋部門女子団体戦優勝です。なお、全体では3団体26個人(合計32功績)「文化(1団体2個人(3功績))、スポーツ(2団体24個人(29功績))が受賞しました。

改めて、全国制覇の重みを実感しました。連覇を目指して、頑張っていきます。1月27日(木)~29日(土)に徳島県で開催される高文連将棋新人大会へ出場する2名は、本番に向けてしっかり調整していきます。

第8回インターナショナルデー

12月25日(土)SGH部主催の第8回インターナショナルデーが行われました。今回はクリスマスということで、9人のゲストを迎えて、クリスマスパーティーをしました。
エチオピアのクリスマスは暦の違いで1月7日に祝う、オーストラリアは真夏のクリスマスでサンタはサーフボードに乗ってくる、アメリカのクリスマスは家族の時間を大事にする、シンガポールも夏のクリスマスで盛大にプレゼント交換をする、イギリスのクリスマスはクイーンのスピーチを家族みんなで聞くなど、クリスマスの国ごとの習慣の違いは、とても興味深く感じました。
その後はJeopardyをして、チーム対抗で日本や外国の文化のクイズで盛り上がったり、クリスマスの歌を歌ったり、英語ビンゴをしたりしました。たくさん英語を使って、たくさん笑って、とても楽しい時間を過ごせました。

第18回四国地区高等学校文化連盟将棋選手権高知県大会【囲碁・将棋部】

囲碁・将棋部が12月11日(土)~12日(日)に高知県立高知工業高等学校で開催された大会に、男子1名と女子3名で出場してきました。

男子個人戦7位、男子団体戦愛媛県優勝、女子個人戦優勝、準優勝、6位という素晴らしい結果を残してくれました。1月27日(木)~29日(土)に徳島県で開催される高文連将棋新人大会へ出場する2名は、本番に向けてしっかり調整していきます。

詳しい結果は以下の通りです。

男子個人戦 一色(7位)(3勝2敗)

男子団体戦 愛媛県優勝

  • 1回戦 徳島県に6勝2敗で勝利(一色は四将で勝利)
  • 決勝戦 高知県に6勝2敗で勝利(一色は四将で勝利)

女子個人戦 坂本(優勝)、小野(準優勝)、佐伯(6位)

  • 予選 小野(1位)(3勝)、坂本(2位)(2勝1敗)、佐伯(6位)(1勝2敗)
  • 順位決定戦 坂本2勝、小野1勝1敗、佐伯1勝1敗

 

第46回四国地区高校演劇研究大会 演劇部最優秀

12月25日(土)、26日(日)に第46回四国地区高校演劇研究大会(全国高校総合文化祭演劇部門四国ブロック予選)が愛媛県民文化会館で行われました。

本校は、26日14:00から上演いたしました。

「きょうは塾に行くふりをして」という演題で、明日に本番を控えた演劇部のリハーサルの様子を題材にした脚本でした。

演劇1演劇2

演劇3演劇4

2021年12月27日付 愛媛新聞 演劇部掲載許可番号:d20211227-07

愛媛新聞ONLINE

愛媛県高等学校総合文化祭で第1位【演劇部】

11月開催の愛媛県高等学校総合文化祭演劇部門で本校演劇部が第1位に輝きました!今週末(12月25~26日)に愛媛県民文化会館で行われる四国大会に愛媛県代表として出
場します。
演劇部を舞台としたオリジナル脚本で、劇中劇を通して舞台に興味を持っていただけること間違いなし!
規制がある中にあって一生懸命に稽古を重ねてきた部員一同の熱演にご期待ください。

「きょうは塾に行くふりをして」 越智 優 作
とある地方の公共ホール。高校演劇コンクールのリハーサルが始まった。本来なら、僕はここにはいなかった……。

第36回全国高等学校文芸コンクール表彰式

本格的な冬の訪れを思わせた12月18日(土)、第36回全国高等学校文芸コンクール表彰式並びに講評会(公益社団法人全国高等学校文化連盟・読売新聞社主催)が国立オリンピック記念青少年総合センター(東京都渋谷区)で行われ、俳句部門で優良賞を受賞した1年生の谷口さんが出場しました。

俳句部門は、全国から応募のあった13,687句から31句の入賞という狭き門でした。初めての表彰式で緊張していた谷口さんも、その後の講評会では、全国の入賞者と親交を深めるとともに意欲的に活動することができました。

今回の受賞を糧に、今後とも精進して参りますので、文芸・俳句部に御声援をよろしくお願いいたします。

文芸1文芸2

第8回市内高校生交流会【SGH部】

12月12日(日)SGH部主催の第8回市内高校生交流会が開かれました。今回は市内3校より40人近くの生徒が集まり、SDG5「ジェンダー平等を実現しよう」について考えました。

主権者教育と女性議員の取組についてお話をお伺いするはずだった先生がお怪我で来られなくなり、先生が準備してくださったDVDを見ました。「私の参加で社会が変わるかも」と思っている若者は6.2%と先進国のどの国より低く、社会に対する個人の影響力が低いと感じていることがわかりました。私たちは18歳になっていようがいまいが、生まれた時から主権者なのだから、もっと自分の意見を持ってそれを発信していく必要があるという言葉が心に残りました。

次にジェンダービンゴをし、「重い荷物を運ぶのを男子に頼むのは不平等?」「持久走大会を走る距離が男女で違うのは不平等?」など話しながら、何がジェンダーの問題なのか考えました。その後は「ジェンダーギャップ指数」「#MeToo運動」「選択制夫婦別姓問題」など、最近のジェンダーに関わる世界的な問題についてディスカッションしました。

「躍動の青い力 四国総体2022」まで、あと230日!!

四国インターハイ開幕まであと230日となりました!

北条高校さんからバトンを受け取り、本校では学校行事や部活動などの青春の1シーンを集めたモザイクアートによるカウントダウンポスターを作成しました!

東高生の青春の一瞬一瞬が集約された、熱い気持ちがこみ上げるポスターになりました!

四国総体でこの四国の土地で高校生の熱い青い力が躍動し、青春の1ページとなることを祈って、
本校でも四国総体を盛り上げる活動をしていきます!!
「する、見る、支える」の立場から、みんなで盛り上げていきましょう!!

四国総体、盛り上げていきまっしょい!!

次は、松山南高校です!よろしくお願いします!

男子団体 選抜大会でベスト4 全国大会出場決定【テニス部】

テニス部男子が11月12(金)~14日(日)に香川県で開催された第44回全国選抜高校テニス大会四国地区大会に出場してきました。

今年度は四国大会でベスト4以上に入賞すると全国大会に出場できるというチャンスの年でした。

1回戦     香川県 高松北高校 1-4
コンソレ1回戦 高知県 高知高校  3-1
コンソレ2回戦 香川県 英明高校  3-2
3位決定戦   徳島県 城南高校  1-4

見事ベスト4入賞。選抜での全国大会出場は東高初の快挙となりました。

選手は、全国大会出場を目標に日々練習に取り組んできました。

普段の練習を信じ、自分たちの力を信じ、仲間を信じ、戦い抜くことで目標を達成することができました。

全国大会に出場するからには、全国の常連校と渡り合えるよう、これからの練習にも取り組んで行きたいと思います。

 

香川県にもかかわらず、部員も応援にかけつけてくれました。 部員も応援にかけつけてくれました。