カテゴリ:GL事業

田丸雅智さん講演

松山東高等学校卒業生の田丸雅智さんよりzoomを用いての講演が行われました。講演には1年生およそ360人が参加しました。参加者より単語を集めて即興のショートショートを作るという活動では、ハンバーグ、赤いバラ、第二ボタン、人生など、さまざまな言葉を生徒は発表していました。「第二ボタンのハンバーグ」というとても不思議な言葉が出来上がりましたが、参加生徒からは大きな歓声があがりました。ショートショートという作品の中で「これが第二ボタンだったら?」と考え、「空想を膨らませることで、私たちは空想で世界を彩ることができるのだ」という先生の言葉では、生徒は一斉にペンを走らせていました。
本日は小説、松山、学業、世界という4つの視点からお話をいただきましたが、学業については先生が東高生だった時、ひたすら勉強したにもかかわらずむしろ成績が下がった時期もあり、宿題も手につかないほど落ち込んだことがあったというお話がありました。そのような中、「自分に足りないものはなにか」と考え、「どうすれば克服できるか」と考え、「ひたすら実行」し、「結果はどうか」と振り返ると、というサイクルを信じ、悩みながらもひたすらやりぬくことで成績を伸ばした、というエピソードをお聞きしました。「学んだことは役に立つ、役に立たせる、生かすも殺すも自分次第」という言葉では、生徒たちは何度も力強くうなずきながら先生の言葉を胸に刻んでいるようでした。
松山は風土も人も心も穏やかであり、言葉に彩られた街、と先生は感じられるそうです。ことばと文学の町松山で勉学に励めることを誇りに思い、田丸先生のように私たちもしっかり頑張っていこうと改めて胸に刻んだ講演でした。

2年生GLコース 論文・抄録作成指導を実施しました。

8月31日2年生GLコース生対象に、地域協働学習実施支援員の嶋村美和さんより、論文・抄録作成に関する講義をしていただきました。論文を書くときに必要なこと、注意すべきこと、つまずきやすいポイントを丁寧に教えていただきました。現在、様々な研究を行っている生徒にとっては、研究をまとめるために大変参考になるお話でした。

市内高校生交流会の2日目

8月10日・11日、本校主催の市内高校生交流会の2日目も、60人を超える高校生が集まり、未来のグローバル・リーダーを目指して熱心な議論が行われました。

この日はまず、SDGs 11番「住み続けられるまちづくりを」に関して、前日の道後フィールドワークから、いかに自分たちが郷土に誇りを持って、故郷のために活躍できる存在になれるか考えました。

次に、SDGs 14番「海の豊かさを守ろう」に関して、今大きな問題になっているプラスチックゴミについて取り上げ、「減プラ大作戦」として自分たちにできることを話し合いました。
レジ袋が有料化されていますが、便利な生活と、環境に優しい生活の妥協点を見つけることはとても難しいと感じました。

そのあと、おにぎりコンテスト(作ったおにぎりをプレゼンテーション)をして、会食を避けて持ち帰りました。

1年生課題研究が始まりました

今年度の1年生課題研究が本格的に始まりました。地域ゆかりの先達の足跡をたどる、地域の食生活を考える、地域の防災を考える、地域スポーツの可能性を探るなど、20の講座に分かれて地域の魅力を再発見していきます。SDGs未来都市、松山そしてこれからの自分を探り、グローカルリーダーを目指します。

GLコース 2年生が企業訪問に行ってきました

7月27日、プラスチックごみ問題に取り組んでいる梶原先生講座では、本校のごみを回収してくださっている松山容器株式会社様を訪問し、プラスチックごみの回収やリサイクルについてお話を伺いました。
ペットボトルの選別作業をしているところや、圧縮されたペットボトルやプラスチックごみが貯蔵されているところを案内して頂き、沢山の質問に快く答えて頂きました。選別のレーンは長時間の立ち仕事で大変な労働であることが判りました。夏場はごみに汚れがついていると不衛生になりやすく保管が大変とおっしゃっていました。ごみを出す際に気を付けてほしいことは、プラ容器についた汚れを水で流す、ペットボトルはキャップとラベルをとることだそうです。
また、プラスチックゴミ問題には、環境や国際情勢、行政など、色々な要素が絡み合っている様子も分かりました。さらに、企業の社会貢献活動についても教えていただき、環境問題解決のために求められる企業の姿を見ることができました。この学びを広く共有し、今後の課題研究や日常生活に活かしていきたいと思います。
松山容器株式会社の皆様ありがとうございました。

G明教 芝大輔先生講座 ローリングストック

芝大輔先生講座では、災害に備え備蓄した食品を定期的に消費し、食べた分だけ買い足していくローリングストックについて学びました。何をどのくらい備えるべきなのか。芝先生の現場での経験を基に各グループで話し合い理解を深めることできました。また、各家庭に備蓄されている食品を持ち寄り、実際に調理実習を行いました。
備蓄が習慣化され、普段の暮らしの中で当たり前となるよう啓発に取り組んでいきたいと思います。

2年生GLコースJackson先生講座での国際ミーティング

7月20日、本校2年生GLコース、Jackson先生講座の生徒4名が、ドイツのベルリンで移民支援や調査研究を行っているNGO “Migration Matters" のアメリカ人研究者と、オンライン会議ソフトを用いて国際ミーティングを行いました。ドイツ・日本・アメリカでの異文化理解教育についての違いや、これからの国際化時代に向けての異文化理解における課題について活発なディスカッションが行われました。ネイティブスピーカーとディスカッションはすべて英語でしたが、生徒はしっかりとメモを取り、話を聞いて、議論に参加することができました。

笑顔のまつやま まちかど講座

7月2日の1年生G明教では、松山市の「笑顔のまつやま まちかど講座」を受講しました。

本年度は15講座を実施し、各担当部署から市制に関する詳しい話をしていただきました。松山市の様々な取組を知り、松山市の魅力を改めて知ることができました。2学期から本格的に始まる課題研究に,本日学んだことを生かしていきます。講座を担当していただいた松山市の関係者の方々、ありがとうございました。

G明教 長友太郎先生講座 シミュレーションルーム訪問

6月29日(月)に長友太郎先生講座の生徒たちが、愛媛県立中央病院内のシミュレーションルームを訪問させていただきました。
長友先生と永安先生のご指導の下、腹腔鏡、採血、点滴、エコー、心肺蘇生などについて実技を交えながら学習をさせていただきました。
この貴重な経験を、今後の課題研究や自身の進路に生かしていきたいと思います。ご指導いただきました両先生方、本当にありがとうございました。

1年生G明教 講演「いい加減。まつやま」

6月25日のG明教では、松山市役所のシティプロモーション課とまちづくり推進課の担当者から、「人口減少下における松山市の現状と対策」及び「『坂の上の雲』のまちづくり」、「移住定住促進事業」について詳しく説明をしていただき、「シビックプライド」の醸成のための松山市の様々な取組を知ることができました。また、地元松山市の魅力や課題を知る大切な機会となり、今日学んだ内容を課題研究に生かせるように取り組んでいきます。松山市の担当者の方々、ありがとうございました。

G明教講演『世界共通のゴール「SDGs」の達成に向かって~足元から世界とつながる!~』


6月18日のG明教では、愛媛大学国際連携推進機構の小林修先生に『世界共通のゴール「SDGs」の達成に向かって~足元から世界とつながる!~』という演題でご講演いただきました。
持続可能な開発目標(「SDGs」)について説明をしていただいた後に現在、達成度の高い国や低い国ついて考察を行いました。また、2030年までに日本が達成することが難しい以下の4つの分野についてもお話していただきました。
今後、実施していく課題研究においてもSDGsを意識した取り組みを行い、自分たちにできることを考え実践していきたいと思います。

6月11日1年生G明教

11日の1年生のG明教の時間は、一般社団法人 いよのミライカイギ 代表理事の冨田敏さんと伊予市の地域おこし協力隊として活動している上田沙耶さんによる講演会を実施しました。

『レペゼン故郷!井の中の蛙 大海をゆく』と題した講演では、伊予市双海町で取り組んできた地域おこしの取組やこれからの取組について、分かりやすく説明していただきました。田舎であることによる「できない」ことを嘆くのではなく、田舎であることによる「できる」こと、可能性を追い求めることが大切であることや、継続して事業を行うためには「予算ゼロから考える 人手をかけない 無理をしない」ことや、情報の発信や地域間で連携を図ることの重要性などを教えていただきました。

将来、どこで生活していても、生まれ育った故郷のレペゼンとなれるように、故郷への理解をさらに深めていきます。冨田さん・上田さんありがとうございました。

 

G明教芝先生講座「風水害対応図上型防災訓練参加」

6月8日(月)に芝大輔先生講座の生徒が、松山市役所で行われた風水害対応図上型防災訓練に参加しました。
災害対策本部が行うべき状況判断や各部局が担う役割を実際に見せていただき、大変貴重な経験を積ませていただきました。私たちも課題研究を通して、さまざまな形で防災教育に貢献していきたいと思います。

JICA中学生・高校生エッセイコンテストで入賞

2年生小田美太朗君が2019年度フィリピンフィールドワークの経験を書いた「フィリピンが私を変えた」が、高校生の部全国28,141点の中から独立行政法人国際協力機構国際協力中学生・高校生エッセイコンテスト 四国センター所長賞に選ばれました。本日JICA愛媛デスクの方の立ち合いのもと、村上校長先生から賞状授与されました。

3月5日(木)地域との協働による高等学校教育改革推進事業(グローカル型)_研究成果発表会の中止について

向春の候、関係者の皆様におかれましてはますます御健勝のこととお慶び申し上げます。
また平素から、本校の教育活動に対しまして格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

さて、現在新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、文部科学省並びに愛媛県教育委員会から
大規模な集会の自粛に関する通知が出されております。
発表会は、生徒の活動の様子を関係者の皆様にご覧いただける貴重な機会ではありますが、
残念ながら中止させていただくことに決定しました。

楽しみにされていた皆様、関係者の皆様には多大な御迷惑をおかけしたしますことを心よりお詫び申し上げます。

今後とも本校の教育活動に御指導、御鞭撻賜りますよう併せてお願い申し上げます。

G明教 芝大輔先生講座 松山防災リーダー育成センター報告会

  2月20日(木)に芝大輔先生講座の生徒が愛媛大学で行われた松山防災リーダー育成センター報告会に参加しました。
  9月から取り組んできた課題研究における成果を高校生代表として発表させていただきました。芝先生や愛媛大学の先生方に頂いたアドバイスを今後の研究に生かしていきたいと思います。
  なお、3月5日(木)に本校で実施されるGL研究成果発表会においても発表させていただきますので、ぜひご参加ください。



第4回中四国高校生会議

2月8、9日の2日間、えひめ青少年ふれあいセンターで、
SGH部主催の第4回中四国高校生会議が開かれました。
岡山や高知からも参加いただき、県内の高校生も含めて総勢70名ほどの大きな会議となりました。

今年のディスカッションのテーマは、「SDGsで地域創生」とし、
問題の解決だけでなく利害関係の調整に焦点を当てて話し合い、斬新な解決策を見出しました。
その他にも、英語ディベート大会をしたり、
難関大の問題に挑戦する学習会をしたり、充実した活動が盛りだくさんでした。

何より、一緒に食事をとり、風呂に入って、語り合いながら寝て、
同じ時間をたくさん過ごすことで、学校を超えて本当にいい仲間となれた1泊2日でした。




3学期 East CLIL

East CLIL 三学期は、数学と保健でした。

数学では多角形の名前や面積を出す計算方法などを習い、
タングラムパズルを使って演習しました。

保健では、感染症の予防について習い、マスクの付け方や手の洗い方から、
新興感染症の予防まで、様々なテーマでの実践をプレゼンテーションしました。
お待ちかねの教科担当の先生による英語でのコメントは、
先生方も一生懸命英語を話してくださるので、私たちも一生懸命聞きました。

 

避難所運営の訓練に参加

1月30日(木)に芝大輔先生講座の生徒が、松山東雲女子大学で行われた避難所運営の訓練に参加しました。
各自が様々な立場の人になりきって参加することで多様な意見を出し合うことができ、
またネット上の掲示板を通してそれらを共有することができました。
今回の訓練で得た成果をポスターにまとめていき、今後の生活にも生かしていきたいと思います。



「道後にきたつの路 朝市」に参加

1月26日(日)、G明教課題研究岡本先生班が「道後にきたつの路 朝市」に出店しました!
今回は、研究を通して作成した餃子とカップケーキとじゃこ天を「道後の朝市」にて出品・販売いたしました。
当日参加した人も、参加できなかった人も、商品の試作やマーケティング、宣伝等の役割をそれぞれが分担し、
この日のために、綿密な準備を重ねてきました。
当日は幸いにも雨が上がり、観光客や地元の方など、多くの人に商品を買っていただきました。
餃子をお客様の目の前で焼いたのはもちろん、街頭でのビラの配布、大声出しての呼び込み、
お金のやり取りなど、普段の学校生活ではできない経験をたくさん積むことができました。
また、最終的に餃子・カップケーキ・じゃこ天すべて完売し、満足のいく結果となりました。
反省点も多々ありましたが、次回以降に生かしていければと思っています。
今後は、今回の経験で得たことや反省点など踏まえて、レシピの改善に取り組みつつ、研究のまとめに取り掛かっていきます。
朝市に来て下さった皆さん、本当にありがとうございました!

 
<