お知らせ・更新情報

即興型英語ディベート体験会

本日、放課後、1・2年生の希望者が参加して、パーラメンタリーディベート人材育成協会の講師の先生とZoomでつなぎ、即興型英語ディベートの講習会を行いました。1ラウンド目から「初心者とは思えない」と褒めて頂いた参加者たちですが、それでも「主張を繰り返すだけの水掛け論になっていた」など、一人一人の一つ一つの発言に対して的確なフィードバックを頂き、2ランド目はインパクトへの言及など、さらに英語のロジックに応じた主張に近づけることや英語上達のヒントを数多く頂きました。次は全国大会を目指したいと思います。

田丸雅智氏が出演する番組の紹介

9月3日に1年生を対象に講演をしてくださった、本校の卒業生でショートショート作家の田丸雅智さんが、9月21日(月・祝)のNHKの「インタビュー ここから」に出演されます。

インタビュアーは、こちらも本校の卒業生である首藤奈知子アナウンサーです。

運動会を観覧される3年生の保護者の皆様へ(来校時のお願い):9月8日

1 受付は午前7時30分からになります。それより早い時刻に来校されても対応できません。

2 出入り口は正門のみとなります。北門は終日、開放しません。

3 正門を入ったところに受付を設けています。必ず受付をすませて御来場ください。

4 受付の際に、事前に配布している「健康観察チェックシート」を御提出ください。引き替えに、入場を許可するリストバンドをお渡しします。校内にいる間は、常に付けているようお願いします(リストバンドをしていない方は、退出していただくことになっています)。

4 自家用車での来校はできません。自転車とバイクは、運動場横の多目的広場に止めることが出来ます。

令和2年度運動会プログラム(pdf)

田丸雅智さん講演

松山東高等学校卒業生の田丸雅智さんよりzoomを用いての講演が行われました。講演には1年生およそ360人が参加しました。参加者より単語を集めて即興のショートショートを作るという活動では、ハンバーグ、赤いバラ、第二ボタン、人生など、さまざまな言葉を生徒は発表していました。「第二ボタンのハンバーグ」というとても不思議な言葉が出来上がりましたが、参加生徒からは大きな歓声があがりました。ショートショートという作品の中で「これが第二ボタンだったら?」と考え、「空想を膨らませることで、私たちは空想で世界を彩ることができるのだ」という先生の言葉では、生徒は一斉にペンを走らせていました。
本日は小説、松山、学業、世界という4つの視点からお話をいただきましたが、学業については先生が東高生だった時、ひたすら勉強したにもかかわらずむしろ成績が下がった時期もあり、宿題も手につかないほど落ち込んだことがあったというお話がありました。そのような中、「自分に足りないものはなにか」と考え、「どうすれば克服できるか」と考え、「ひたすら実行」し、「結果はどうか」と振り返ると、というサイクルを信じ、悩みながらもひたすらやりぬくことで成績を伸ばした、というエピソードをお聞きしました。「学んだことは役に立つ、役に立たせる、生かすも殺すも自分次第」という言葉では、生徒たちは何度も力強くうなずきながら先生の言葉を胸に刻んでいるようでした。
松山は風土も人も心も穏やかであり、言葉に彩られた街、と先生は感じられるそうです。ことばと文学の町松山で勉学に励めることを誇りに思い、田丸先生のように私たちもしっかり頑張っていこうと改めて胸に刻んだ講演でした。

1年生読み聞かせ

2日、本校卒業生のショートショート作家である田丸雅智さん著の『E高生の奇妙な日常』より「櫓を組む」を、1年生の各クラス図書委員が読み聞かせを行いました。
3日のG明教の授業で田丸さんご本人からオンラインご講演を頂く企画の一環として行われました。ご講演が待たれます。

2年生GLコース 論文・抄録作成指導を実施しました。

8月31日2年生GLコース生対象に、地域協働学習実施支援員の嶋村美和さんより、論文・抄録作成に関する講義をしていただきました。論文を書くときに必要なこと、注意すべきこと、つまずきやすいポイントを丁寧に教えていただきました。現在、様々な研究を行っている生徒にとっては、研究をまとめるために大変参考になるお話でした。

本校生徒の活躍に関するテレビ放送について

1 9月6日(日) 野球部を取材した「一度きりの夏 ぼくらの軌跡」が、「あいテレビ」で午後4時30分から放映されます。

2 9月19日(土) 文芸俳句部の活動が「あいテレビ」の青春575~俳句甲子園2020~(仮)で放映されます

第23回俳句甲子園全国大会で団体3位

投句審査で行われた第23回俳句甲子園全国大会で文芸・俳句部が団体3位に入賞しました。
個人表彰においても2年生伊藤君が優秀賞、1年生宇都宮君が入選に選ばれました。

表彰式およびエキシビションマッチの様子は俳句甲子園YouTubeチャンネルからご覧いただけます。

 

運動会グループ役員・パートリーダー研修会

本日から2学期が始まりました。1・2年生は校内実力テスト、3年生は平常授業を行いました。放課後、生徒会役員と運動会のグループ役員・パートリーダーが集まり、担当の先生から説明を受けた後、それぞれのグループで新型コロナウイルス感染症と熱中症に対する対策を話し合いました。今年の運動会は例年通りにはいきませんが、生徒主体の運動会という根幹は受け継がれています。明日、全校生徒に校内放送で伝え、運動会の準備開始です

市内高校生交流会の2日目

8月10日・11日、本校主催の市内高校生交流会の2日目も、60人を超える高校生が集まり、未来のグローバル・リーダーを目指して熱心な議論が行われました。

この日はまず、SDGs 11番「住み続けられるまちづくりを」に関して、前日の道後フィールドワークから、いかに自分たちが郷土に誇りを持って、故郷のために活躍できる存在になれるか考えました。

次に、SDGs 14番「海の豊かさを守ろう」に関して、今大きな問題になっているプラスチックゴミについて取り上げ、「減プラ大作戦」として自分たちにできることを話し合いました。
レジ袋が有料化されていますが、便利な生活と、環境に優しい生活の妥協点を見つけることはとても難しいと感じました。

そのあと、おにぎりコンテスト(作ったおにぎりをプレゼンテーション)をして、会食を避けて持ち帰りました。

1年生課題研究が始まりました

今年度の1年生課題研究が本格的に始まりました。地域ゆかりの先達の足跡をたどる、地域の食生活を考える、地域の防災を考える、地域スポーツの可能性を探るなど、20の講座に分かれて地域の魅力を再発見していきます。SDGs未来都市、松山そしてこれからの自分を探り、グローカルリーダーを目指します。

1年生第1回East CLIL

1年生の第1回East CLILが実施されました。CLILとはContent and Language Integrated Learning(内容言語統合型学習)の略で、英語を用いて他教科を学び、教科の内容を理解しつつ語学力も高めようという学習法です。今回の教科は家庭科と現代社会で、「朝食の重要性」、「AIがもたらす将来」についてそれぞれが作成したプレゼンを発表しました。

公式YouTubeに放送部が作成した「竹取り紀行」をUPしました。

放送部が作成した2020年8月2日(日)に行われた竹取りの様子です。

切り取った竹は運動会の生徒応援席やパネル設置のために使われます。竹取りが運動会の一歩目です。

是非御覧下さい。

クリックしてください↓