学校日記

3年生進路指導(放送)

12日放課後、3年生進路指導が放送で行われました。

共通テスト受験を目前に控えた3年生に、進路課長玉井先生から諸注意と応援のメッセージが放送で送られました。

第3学期始業式

新型コロナウイルス感染症の再拡大が懸念されております。

三密回避のため、本日の第3学期始業式は、放送で行われました。

校長式辞では、ウィズコロナ時代に危機意識を持ち危機管理能力を高めながら前に進んでいくということを述べられ、状況が厳しい時こそ「学びを止めない」姿勢を忘れないように言われました。

テレビ取材もあり、3年生の生徒二人がインタビューに答えました。

共通テストを間近に控えたこの時期に、感染拡大に対する不安がある中でも、感染予防対策を行いながら、第一志望大学合格に向けて本気を出して準備していきたいと決意を新たにしていました。

始業式1始業式2

始業式3始業式

ボート部選手の活躍紹介記事

ボート部 岡山さんが、愛媛のアスリートを称える愛媛新聞スポーツ賞を受賞し、紹介されました。

2022年1月1日付 愛媛新聞

ボート部1

掲載許可番号:d20220105-01

 ボート部 名合さんが、夏に行われたインターハイ関連の特集で、紹介されました。

2022年1月3日付 愛媛新聞

ボート部2

掲載許可番号:d20220105-01
愛媛新聞ONLINE

笑顔のえひめ文化・スポーツ賞を受賞【囲碁・将棋部】

12月27日(月)に、囲碁・将棋部が愛媛県庁本館4階正庁での「笑顔のえひめ知事表彰式」に女子部員3名で出席してきました。

受賞対象は、第45回全国高等学校総合文化祭(紀の国わかやま総文2021)、第57回全国高等学校将棋選手権大会将棋部門女子団体戦優勝です。なお、全体では3団体26個人(合計32功績)「文化(1団体2個人(3功績))、スポーツ(2団体24個人(29功績))が受賞しました。

改めて、全国制覇の重みを実感しました。連覇を目指して、頑張っていきます。1月27日(木)~29日(土)に徳島県で開催される高文連将棋新人大会へ出場する2名は、本番に向けてしっかり調整していきます。

第8回インターナショナルデー

12月25日(土)SGH部主催の第8回インターナショナルデーが行われました。今回はクリスマスということで、9人のゲストを迎えて、クリスマスパーティーをしました。
エチオピアのクリスマスは暦の違いで1月7日に祝う、オーストラリアは真夏のクリスマスでサンタはサーフボードに乗ってくる、アメリカのクリスマスは家族の時間を大事にする、シンガポールも夏のクリスマスで盛大にプレゼント交換をする、イギリスのクリスマスはクイーンのスピーチを家族みんなで聞くなど、クリスマスの国ごとの習慣の違いは、とても興味深く感じました。
その後はJeopardyをして、チーム対抗で日本や外国の文化のクイズで盛り上がったり、クリスマスの歌を歌ったり、英語ビンゴをしたりしました。たくさん英語を使って、たくさん笑って、とても楽しい時間を過ごせました。

第18回四国地区高等学校文化連盟将棋選手権高知県大会【囲碁・将棋部】

囲碁・将棋部が12月11日(土)~12日(日)に高知県立高知工業高等学校で開催された大会に、男子1名と女子3名で出場してきました。

男子個人戦7位、男子団体戦愛媛県優勝、女子個人戦優勝、準優勝、6位という素晴らしい結果を残してくれました。1月27日(木)~29日(土)に徳島県で開催される高文連将棋新人大会へ出場する2名は、本番に向けてしっかり調整していきます。

詳しい結果は以下の通りです。

男子個人戦 一色(7位)(3勝2敗)

男子団体戦 愛媛県優勝

  • 1回戦 徳島県に6勝2敗で勝利(一色は四将で勝利)
  • 決勝戦 高知県に6勝2敗で勝利(一色は四将で勝利)

女子個人戦 坂本(優勝)、小野(準優勝)、佐伯(6位)

  • 予選 小野(1位)(3勝)、坂本(2位)(2勝1敗)、佐伯(6位)(1勝2敗)
  • 順位決定戦 坂本2勝、小野1勝1敗、佐伯1勝1敗

 

第46回四国地区高校演劇研究大会 演劇部最優秀

12月25日(土)、26日(日)に第46回四国地区高校演劇研究大会(全国高校総合文化祭演劇部門四国ブロック予選)が愛媛県民文化会館で行われました。

本校は、26日14:00から上演いたしました。

「きょうは塾に行くふりをして」という演題で、明日に本番を控えた演劇部のリハーサルの様子を題材にした脚本でした。

演劇1演劇2

演劇3演劇4

2021年12月27日付 愛媛新聞 演劇部掲載許可番号:d20211227-07

愛媛新聞ONLINE

大阪大学フィールドワーク2

大阪大学フィールドワークと国際交流、第2日目の12月23日(木)は、今年4月に移転したばかりの外国部学部・箕面新キャンパスに行きました。ビカピカのキャンパスは最新の施設が整っており、学習の場としても学生生活を過ごす場としてもとても魅力的で、感動しました。

まず、言語文化研究科横井幸子准教授による御講義を受けました。「ソ連とロシア、そして「自由」について」というお話で、私たちが日ごろ目にすることのないロシアの政治の実情、生活や思想、フェミニズムの実態、言論の自由など、大変興味深いお話が聞けました。

午後からは、10人の留学生の方が来てくださり、英語を使ってディスカッションとプレゼンテーションを行いました。「How to make Japan comfortable for people from overseas」というテーマで話し合い、出てきた問題点とそれに対する解決策を発表しました。寸劇をしたり、ボスターセッションをしたり、インタビュー形式だったり、様々な方法で興味深いプレゼンテーション発表会となりました。英語を使ってコミュニケーションする中で、知らないことを知れたり、自分の思いを伝えたりすることは、本当に楽しいと思えました。

オープンキャンパスがオンラインばかりで、なかなか大学に足を踏み入れたり、大学の先生の講義を聴いたり、大学生と話したりする機会がない中、このような充実したフィールドワークの実施にご協力いただいた、大阪大学の全ての方に感謝しています。本当にありがとうございました。

 

大阪大学フィールドワーク

大阪大学フィールドワークと国際交流、第1日目の12月22日(水)は、まだ暗いうちにバス2台で学校を出発しました。昼前に大阪大学豊中キャンパスに到着し、学食で昼食をいただきました。

午後はまず、基礎工学研究科・佐藤宏介教授による御講義を受けました。「ミックスド・リアリティー」~人と空間がサイバー融合する未来世界~というお話で、国が推進する「ムーンショット計画」や「RU11(研究大学コンソーシアム)」など最新の基礎工学の流れや、実際にロボットが人の概念を変え、人が身体・脳・空間・時間の制約から解放された社会実現を目指す研究の内容を見せてくださいました。

続いて、言語文化研究科・山本佳樹教授(東高の大先輩!)による御講義を受けました。先生の「映画評を書いてみよう」という「学問への扉 マチカネゼミ」の中の授業から、映画の誕生や映画の撮り方の秘密を知り、映画の中のたった2分のシーンを切り取っても、様々なことが伝えられることがわかりました。

最後に大学概要説明をしていただいたり、4年生の学生さんに学部と大学生活を紹介していただいたりしました。広いキャンパスを歩いて、大阪大学グッズを扱う生協ショップにも案内していただきました。

ホテルに帰って夕食を食べた後は、卒業生の先輩たちが12人集まってくださり、座談会を行いました。どんな質問にも丁寧に答えてくださり、疑問に思っていたことや心配していたことが解決していきました。このつながりこそが東高の宝物ですね!先輩のようになりたいと強く思えたし、明日からまた頑張ろうと励まされました。今日は充実の一日でした。

愛媛県高等学校総合文化祭で第1位【演劇部】

11月開催の愛媛県高等学校総合文化祭演劇部門で本校演劇部が第1位に輝きました!今週末(12月25~26日)に愛媛県民文化会館で行われる四国大会に愛媛県代表として出
場します。
演劇部を舞台としたオリジナル脚本で、劇中劇を通して舞台に興味を持っていただけること間違いなし!
規制がある中にあって一生懸命に稽古を重ねてきた部員一同の熱演にご期待ください。

「きょうは塾に行くふりをして」 越智 優 作
とある地方の公共ホール。高校演劇コンクールのリハーサルが始まった。本来なら、僕はここにはいなかった……。

第36回全国高等学校文芸コンクール表彰式

本格的な冬の訪れを思わせた12月18日(土)、第36回全国高等学校文芸コンクール表彰式並びに講評会(公益社団法人全国高等学校文化連盟・読売新聞社主催)が国立オリンピック記念青少年総合センター(東京都渋谷区)で行われ、俳句部門で優良賞を受賞した1年生の谷口さんが出場しました。

俳句部門は、全国から応募のあった13,687句から31句の入賞という狭き門でした。初めての表彰式で緊張していた谷口さんも、その後の講評会では、全国の入賞者と親交を深めるとともに意欲的に活動することができました。

今回の受賞を糧に、今後とも精進して参りますので、文芸・俳句部に御声援をよろしくお願いいたします。

文芸1文芸2

全国高校生フォーラム参加

12月19日(日)、令和3年度全国高校生フォーラムがオンラインで行われました。

事前に送ったプレゼンテーション動画や資料を用いて、全国のSGH、WWL、GLなどで課題研究に取り組んでいる先進校が発表をし、質問をし合ったり、大学の先生にフィードバックをいただいたりしました。SDGsの課題の中で日本が取り組むべきジェンダーや気候変動やプラスチックごみの問題を取り上げている学校も多く、答えのない課題に対して高校生としての解決策を模索していました。私たちはパームオイルの問題からエシカル消費について考えたことを発表し、共感してもらいました。

第16回全国高校生英語ディベート大会

12月18日、19日に第16回全国高校生英語ディベート大会がオンラインで開かれ、松山東高校チームが出場しました。

10月に県大会で優勝し、昨年に引き続いてオンラインの全国大会に参加させていただくことになりました。全国大会出場が決まってからは、たくさんの学校と練習試合をしていただきました。日本中どことでも、距離と時間を気にせず繋がることができるオンラインは、他県と練習試合をするときにとても便利でした。近江兄弟社(滋賀)、大安寺(岡山)、津山東(岡山)、尾道東(広島)、上野丘(大分)、尚絅(熊本)、城ノ内(徳島)、土佐(高知)と繋がり、たくさんのことを学び、同時に、同じようにレベルの高いディベートを目指して頑張る全国の仲間たちとMake Friendsできました。県大会とルールやスピーチの時間が違うため、戸惑う場面もありましたが、できるだけの準備をして大会に臨みました。


大会の2日間は、朝から晩までディベートに没頭する幸せな時間を過ごしました。毎回試合の後にジャッジの先生から丁寧なコメントをいただき、自分たちの弱いところや伝えきれなかったところを練り直して次に臨みました。伊那北(長野)、盛一(岩手)、小松(石川)、東筑(福岡)、橋本(和歌山)、甲府東(山梨)と6試合させていただき、結果は1勝3敗2引き分け、64チーム中48位でした。自分たちの目標からすると残念な結果でしたが、自分たちらしいディベートがしっかりでき、楽しむことができました。ディベート中は真剣な顔と強い口調でスピーチする画面の向こうの人が、試合が終わった途端に優しくひょうきんになり、お互い健闘をたたえながら、同じ高校生として大笑いしながら話すことができ、本当の意味でMake Friendsできました。

ディベートを通じて本当に多くのことを学ぶことができました。相手にわかりやすく伝えるための文章の読み方、限られた時間の中でのタイムマネジメントの仕方、一つのことをやり遂げることの難しさと達成感、同じ目標を持つ人と過ごす時間の楽しさ、誰かと本気で討論し合うことの充実感、負けることの悔しさ、まるで運動部のように泣いたり笑ったり、どれも貴重な体験でした。ありがとうございました。

GL事業 1・2年合同中間発表会を実施しました

12月16日文部科学省指定の「地域との協働による高等学校教育改革推進事業(グローカル型)」の1・2年合同中間発表会を行いました。
今回は、2年生が取り組んできた課題研究の中間発表を行いました。この発表会は、2年生の課題研究の途中経過をGLコース選択直前の1年生に発表することで、翌年度以降の選択の参考にしてもらうとともに、年度末の成果発表会のイメージをつかみ、課題研究およびポスター発表の目標をより高くもってもらうこと、2年生に対しては、課題研究内容を一度整理し、自分の研究を見直して、最終的に抄録にまとめるまでの過程をしっかり考えさせる契機にすることを目的に実施しています。

全体会では、大川 理恵先生の指導による「「国を繋ぐ Sports Festival」とVincent Merkhofer先生の指導による「Is Japan's Education Offering Us Enough Skills that Satisfies the Requirements of International Society?」の研究発表を代表生徒が行いました。

ポスターセッションでは、2年生GLコース生97名が、今まで取り組んできた内容を1枚のポスターにまとめ発表しました。2年生全員が堂々と発表を行い、1年生からも多くの質問が出るなど、充実した発表会になりました。
なお、3月には1年生と2年生GLコース生が研究発表を行います。よろしくお願いします。

海外フィールドワーク代替研修(2年生)


毎年2年生はフィリピンへのフィールドワークを行っていますが、新型コロナウイルス感染症の世界的な感染拡大の状況のため、今年も行くことができませんでした。そこで代替研修として、16日(木)に、訪問するはずだったBEMAC(BEET)のみなさんと、オンラインで交流する研修を行いました。

BEMACのフィリピン子会社であるBEMAC Electric Transportation Philippines Incorporated(BEET)では、電動3輪車を作っています。フィリピンでは「トライシクル」と呼ばれる3輪タクシーがたくさん走行しており、市民の足となっていますが、年式の古いトライシクルが大気汚染や交通渋滞の原因ともいわれており、BEETによってトライシクルの電動化が進められています。プライドが高く冗談が好きな国民性を持ったフィリピンの方と一緒に仕事をする難しさや、語学はもとより、文化や宗教の違いで、自分の伝えたかったことが伝わらない難しさなど、海外で働くことについてたくさんお話を聞くことができました。

最後に高校生へのメッセージとして、これからの世界で働くには危機管理が重要であること、少々のことなら笑って過ごせる太い神経を持つのが大切であること、一生楽しめる趣味を持つべきだということ、そして、勉強も大切だが部活をして体力を付けたり、苦しいことや辛いことを乗り越える強い精神力を付けることが何より大切だということを教えていただきました。

GLコースで学んできたグローバルやグローカルという言葉の本質がわかった気がしました。現地で働く皆さんの生きた言葉が聞けて、とても励まされたし、良い経験になりました。

海外フィールドワーク代替研修(1年生)

毎年1年生は台湾コースと中国コースの海外フィールドワークを行っていますが、新型コロナ感染症の拡大防止のため、今年も行くことができませんでした。そこで代替研修として、訪問するはずだった企業や学校のみなさんと、オンラインで交流する研修を行いました。

ミウラは様々な国に海外進出されてますが、台湾、インドネシア、韓国、中国から集まっていただき、海外で働くとはどういうことか教えていただきました。海外で働くやりがいや楽しみ、現地の方たちとのコミュニケーションの難しさ、海外に出ることで気づく日本の良さや悪さなど、興味深いお話がたくさん聞けました。ミウラには日本で勤務されている本校の卒業生が95名もおり、海外で勤務されている方が5名もおいでるそうです。先輩たちに続いてグローバルに活躍するために、語学力と国際感覚を磨いていきたいと思います。

北京市月壇中学校との交流は、日本語で行いました。日本語を第一外国語として学んでいる唯一の学校ですが、とても流ちょうに日本語を話しており、驚きました。どのくらい勉強するのですか、という質問に「一日12時間は勉強します」という答えが返ってきて、みんな絶句していました。いろいろな違いはあったけれど、やはり高校生同士です。歌やゲーム、スイーツなど興味があることに話が弾み、とても楽しい時間を過ごしました。

台湾の国立中興大附属高級中学校との交流は、英語で行いました。自己紹介や学校紹介を行い、質問がどちらからもどんどん出てきました。お互い第2外国語としての英語を使って理解し、通じ合うことは本当にうれしいことで、台湾の生徒のようにもっと英語が上手に使えるようになりたいと思いました。台湾の防災・減災に関するプレゼンテーションは大変興味深く、日本と似ているところも違ったところも発見できました。

本当は現地に行って、直接企業のみなさんや高校生のみなさんと交流したかったけれど、それでもオンラインで時差と距離を超えてつながることができ、様々なことを感じられたのはとてもよい経験となりました。

地方創生政策アイデアコンテストで入賞

12月11日(土)に、内閣府主催地方創生☆政策アイデアコンテスト2021最終審査会が行われました。
1年生G明教の中で紹介し、興味を持った複数チームが応募してくれました。
本校から、谷村さん、赤松君、尾崎さんの3名で結成した「谷村ファミリー」チームが最終審査会に駒を進めることができました。
テーマは「RESAS×真珠×結婚式=?」、最終審査会に向けて、放課後や、早朝、土日を使って、地域の方へのインタビューや試食づくり、アイデアを形にするための企業へのプレゼンなど、能動的に地元愛媛を盛り上げようと3人で協力し、努力してきました。健闘の結果、協賛企業HRog(フロッグ)賞をいただくことができました。
3人は、このアイデアを実行に移したい、これで終わりにせず今後も取り組んでいく、と意気込みを語ってくれました。

第8回市内高校生交流会【SGH部】

12月12日(日)SGH部主催の第8回市内高校生交流会が開かれました。今回は市内3校より40人近くの生徒が集まり、SDG5「ジェンダー平等を実現しよう」について考えました。

主権者教育と女性議員の取組についてお話をお伺いするはずだった先生がお怪我で来られなくなり、先生が準備してくださったDVDを見ました。「私の参加で社会が変わるかも」と思っている若者は6.2%と先進国のどの国より低く、社会に対する個人の影響力が低いと感じていることがわかりました。私たちは18歳になっていようがいまいが、生まれた時から主権者なのだから、もっと自分の意見を持ってそれを発信していく必要があるという言葉が心に残りました。

次にジェンダービンゴをし、「重い荷物を運ぶのを男子に頼むのは不平等?」「持久走大会を走る距離が男女で違うのは不平等?」など話しながら、何がジェンダーの問題なのか考えました。その後は「ジェンダーギャップ指数」「#MeToo運動」「選択制夫婦別姓問題」など、最近のジェンダーに関わる世界的な問題についてディスカッションしました。

「躍動の青い力 四国総体2022」まで、あと230日!!

四国インターハイ開幕まであと230日となりました!

北条高校さんからバトンを受け取り、本校では学校行事や部活動などの青春の1シーンを集めたモザイクアートによるカウントダウンポスターを作成しました!

東高生の青春の一瞬一瞬が集約された、熱い気持ちがこみ上げるポスターになりました!

四国総体でこの四国の土地で高校生の熱い青い力が躍動し、青春の1ページとなることを祈って、
本校でも四国総体を盛り上げる活動をしていきます!!
「する、見る、支える」の立場から、みんなで盛り上げていきましょう!!

四国総体、盛り上げていきまっしょい!!

次は、松山南高校です!よろしくお願いします!

グループマッチ

9日(木)、2学期グループマッチが行われました。

快晴となった9日はグラウンドに出ると汗ばむ陽気でしたが、生徒たちは試合に全力を出し切りました。
応援生徒もファインプレイに拍手で盛り上げました。

政策アイデアコンテストで四国経済産業局長賞を受賞

1年生課題研究の小野先生講座では「住み続けられる街づくり~「地方創生」を本気で考えよう~」というテーマで学習しています。
今回、課題研究で学んだことを「地方創生☆政策アイデアコンテスト(2021)」に応募し、1年生の谷村さん・尾崎君・赤松君の3名が四国経済産業局長賞を受賞しました。授賞式は新型コロナウイルスへの感染拡大防止の観点から、リモートで行われました。
また、12月11日(土)に「地方創生☆政策アイデアコンテスト(2021)」最終審査会がリモートで行われます。「RESAS×真珠×結婚式=?」というテーマで松山東高校チームで参加します。頑張ります!

1年生課題研究 愛媛大学植物工場見学

石山先生講座では「ICT活用でまなび愛研究室」というテーマで、医療・教育・観光・地域創生など各グループに分かれてICTの現状と可能性などについて学び合いながら研究しています。
2日ICTの活用について研究している4人が、愛媛大学農学部植物工場研究センターを訪問させていただきました。センター長である有馬誠一教授から「AI・IoT利用による農業のスマート化」についての講義をしていただき、その後施設見学をさせていただきました。食糧自給率が低く、農業従事者の高齢化が進む日本において、農業分野でのデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進の重要性を理解することができました。また、農学部で取り組まれている植物工場での自動化技術の開発について知ることができ、ICTの活用が様々な場面で行われていることを学ぶことができました。
お忙しい中、指導していただいた有馬教授及び関係者の方々、本当にありがとうございました。

修学旅行(香川・徳島班)②

修学旅行(香川・徳島班)です。

午後からは、待ちに待った、フォレストアドベンチャーです。いい声援をあげながら、大自然を満喫してきました。

修学旅行(鳥取&島根班)2日目午後

2日目午後です。

いずもまがたまの里伝承館にて、勾玉づくり体験をしました。その後、昼食をすませ、出雲大社へ行きました。神楽殿前での集合写真です。

これから松山へ帰ります。

 

 

修学旅行(鳥取&島根班)2日目

2日目です。

朝食をすませ、旅館を出ました。いこい亭の皆さん、お世話になりました。午前中は水木しげるロードに行きました。少し雨は降っていましたが、お土産を買ったり、写真を撮ったり、楽しく過ごしました。これから出雲大社へ向かいます。

 

修学旅行(鳥取&島根班)1日目

バスでの長時間の移動でしたが、お昼過ぎに鳥取県に着きました。鳥取砂丘は素晴らしい景色でした。今夜のお宿は米子市の旅館です。ゆっくり休みます。

2023年に空飛ぶ車(パッセンジャードローン)が愛媛を飛ぶ!?

1年生G明教課題研究石山先生講座では「ICT活用でまなび愛研究室」というテーマで、医療・教育・観光・地域創生など各グループに分かれてICTの現状と可能性などについて学び合いながら研究しています。
18日の課題研究の時間では、最近マスコミにもよく取り上げられているドローン事業で有名な香川県の「(株)かもめや」の事業戦略室室長の宮武周平さんにお越しいただき、「未来に向けたレッスン」というテーマで講義していただきました。
中でも、人を乗せられる自動運転の空飛ぶ車(パッセンジャードローン)は夢物語ではなく、もうすでに完成していてそのためのルールづくりが早急に進められているという話には驚かされました。また、2025年には大阪万博では飛ぶことが決まっていて、2023年には愛媛か香川で実際に飛ばしたいそうです。その最終的な理由は「ヘリコプターも飛べない場所や救急車も走れない場所に行って救えなかった命を救いたい」ということでした。
人間が想像できることは、人間が必ず実現できる。(ジュール・ヴェルヌ)という名言で締めくくられた宮武さんのお話に、生徒からの質問はいつまでも止まりませんでした。

1年生課題研究

友近先生講座では、「えひめ・まつやま・やきゅう」をテーマに学習しています。
18日は、本校野球部OBの一色隆士(いっしきたかし)さんに講義をしていただきました。一色さんは、平成21年に約5年の月日を重ねて本校野球部の部誌を完成させました。部誌を作成するにあたり、野球部創部当時の資料を収集し深く研究されました。明治22年東京に居た子規が体調を崩し松山に療養のため帰省していた際に、松山中学の生徒だった河東碧梧桐らにベースボールを教えます。その翌年(明治23年)、碧梧桐は、「松山中学の生徒の中でベースボールが流行している」と子規への手紙の中で記しています。
子規は随筆「松蘿玉液(しょうらぎょくえき)」の中でベースボールについて詳しく解説していたこと。松山中学時代の生徒会誌「保恵会誌」にベースボールの試合をした記述があること。これらのことを実際の資料を示しながら興味深い話をしてくださいました。

岸田総理大臣来校

11月20日土曜日、岸田文雄総理大臣が東高におけるICT教育機材を活用した取組の視察のため来校されました。
生徒たちから拍手で出迎えられたあと、教室に移動し、中村時広愛媛県知事の司会で「地域のデジタル化に関する車座」が始まりました。校長から概要説明のあと、岸田総理に模擬授業を体験していただきました。

模擬授業では、まずホームルーム活動の事例として、毎朝の健康観察を体験してもらい、1年生谷村さんが一人1台端末で写真を共有し、スピーチを行いました。
教科では、端末を用いた授業の説明や小テストを受けたり、録音の提出する課題や実験の考察をシンキングツールでまとめたものを提出したりする事例の紹介を行いました。模擬授業では総理の隣の席だった1年生の岸本さんが端末の使い方のレクをする場面も見られました。
また、ICT関連企業による取組の説明もありました。

模擬授業のあと、車座意見交換会が行われました。
意見交換会では岸田総理から「ICTを使うことで授業がどう変わりましたか」と聞かれ、1年生の柴さんは「授業が効率的に進むことで内容が濃くスピードも速くなった」と答えました。

谷村さんは「総理の前でホームルームを実演し緊張したけれど、うなずいたりほぉと言ってくれたりしてうれしかった」、岸本さんは「総理の隣でツールの使い方を案内したとき、気さくに話してくれて緊張が解けた」、柴さんは「意見交換会では私の話に耳を傾けていただき、思いも伝わったと思います」と感想を語ってくれました。

部分月食

夕方は快晴となり、東高からも東の空にほとんど皆既の部分月食が見えています。
下校の生徒も少し足を止めて眺めていました。

令和3年度「家族の日」「家族の週間」について

 11月21日(日)が、「家族の日」、11月14日(日)~11月27日(土)が「家族の週間」となっており、以下の周知依頼がございましたのでお知らせいたします。

◆内閣府からの告知

【「家族の日オンラインフォーラム2021」の開催について】

家族や地域のつながり、そして、子供を育てていく大切さに改めて気づく。「家族の日」「家族の週間」をきっかけに、みんなで考えてみませんか。誰もが安心して、結婚や出産、子育てができる社会を作っていくためには、生命を次代に伝え育んでいくことや家族の大切さについての理解が不可欠です。内閣府では、平成19 年度から、11 月第3日曜日を「家族の日」、その前後1週間を「家族の週間」と定め、子供を家族が育み、家族を地域社会が支えることの大切さについて理解促進を図っています。今年は、「家族の日オンラインフォーラム2021」を動画配信により開催します。

〇野田聖子 内閣府特命担当大臣(少子化対策)によるメッセージ

https://www.youtube.com/channel/UCMNoDqzch4-wfQV6hSATmDw

(1)日 時:11 月20 日(土)正午~
(2)視聴方法:内閣府子ども・子育て本部YouTube チャンネルにより配信

〇家族の日オンラインフォーラム2021

https://www.youtube.com/channel/UCMNoDqzch4-wfQV6hSATmDw

(1)日 時:令和3年11 月20 日(土)正午~11 月28 日(日)
(2)視聴方法:内閣府子ども・子育て本部YouTube チャンネルにより配信
(3)出演者・プログラム:添付参照(A4チラシ)

〇内閣府HP 令和3年度 家族の日フォーラム 開催のお知らせ

https://www8.cao.go.jp/shoushi/shoushika/family/forum/r03/kaisai.html

 kazoku-no-hi online forum.pdf (←添付参照資料はここをクリックしてください)

市内企業フィールドワーク

2年生G明教課題研究嶋村先生・梶原先生講座「多文化社会をどう生きるか」の平井さんが市内企業フィールドワークに行ってきました。平井さんによる報告です。

私は、「外国人の方と地域住民の交流を通して地域の活化を図る。」というテーマで課題研究を行っています。
11/15(月)のG明教の時間に、松山市の有限会社てんぽ印様を訪問して、外国人技能実習生の方にインタビューを行いました。
分かりやすいインタビューを行うために、NHK WORLD-JAPAN「やさしい日本語で “今週の日本”」を読み、日本語の習得度にかかわらず、すべての人にとってわかりやすい文章の書き方を学びました。それから、やさしい日本語や写真、イラストを使って「地域行事や地域住民との交流」についてアンケートを作りました。
実際にインタビューをしてみると、抽象的な単語や長い文章が伝わりにくかったので、それらには母国語の訳をつけておくべきだったと思いました。インタビューを終えて、言語の壁をどのように乗り越えて交流を深めるかが課題だと気づきました。今後の課題研究では、言語に関係なくみんなが生き生きと楽しめる行事のあり方を考えていきたいです。

(c)有限会社てんぽ印
(写真は(c)有限会社てんぽ印様)

「最後の頁を閉じた 違う私がいた」 ~ ホームルーム読書会

10月27日から11月9日までの第75回読書週間を受けて、16日(火)ホームルーム活動の時間に生徒会図書委員会主催のホームルーム読書会が実施されました。各HRの図書委員が選んだ本は、村上春樹や吉本ばななの作品を収めた全国SLA集団テキストの他に、フランツ・カフカ『変身』、遠藤周作『海と毒薬』、大江健三郎『ヒロシマ・ノート』夏目漱石の『こころ』など、社会問題を取り上げた大作、長編小説など多岐にわたりました。
図書委員が企画・運営・司会を務め、みんなで読むことを通して、作品世界を広げ、深めることに挑戦しました。

男子団体 選抜大会でベスト4 全国大会出場決定【テニス部】

テニス部男子が11月12(金)~14日(日)に香川県で開催された第44回全国選抜高校テニス大会四国地区大会に出場してきました。

今年度は四国大会でベスト4以上に入賞すると全国大会に出場できるというチャンスの年でした。

1回戦     香川県 高松北高校 1-4
コンソレ1回戦 高知県 高知高校  3-1
コンソレ2回戦 香川県 英明高校  3-2
3位決定戦   徳島県 城南高校  1-4

見事ベスト4入賞。選抜での全国大会出場は東高初の快挙となりました。

選手は、全国大会出場を目標に日々練習に取り組んできました。

普段の練習を信じ、自分たちの力を信じ、仲間を信じ、戦い抜くことで目標を達成することができました。

全国大会に出場するからには、全国の常連校と渡り合えるよう、これからの練習にも取り組んで行きたいと思います。

 

香川県にもかかわらず、部員も応援にかけつけてくれました。 部員も応援にかけつけてくれました。

 

 

防災グッズ講演・見学

1年生グローカル明教課題研究近藤先生講座では、「いま求められる防災とは」をテーマに学習しています。

4日は、DCMダイキ美沢店様を訪問し、防災グッズに関する講義を受講しました。
防災士とDIYの両方の資格を持っている職員の方による説明は、「家具の固定は間柱のある所に」などといった普段見落としがちなポイントまで教えていただき、大変勉強になりました。ガラス飛散防止フィルム貼りの実習は、初体験の生徒がほとんどでありましたが、アドバイス通りにすればスムーズに貼ることができ、楽しく活動させていただきました。説明が終わった後も時間の許す限り設備見学もさせていただき、防災についての知識を深めることができました。

県美術館フィールドワーク

1年生グローカル明教課題研究阿部先生講座では、「地域の宝 三輪田米山を知る~地域文化の活用を目指して~」をテーマに学習しています。
4日は、愛媛県美術館へフィールドワークに出かけました。「生誕200年三輪田米山展」を鑑賞しました。参加生徒は実物の持つエネルギーに圧倒されていました。これからも米山の書の魅力について研究をすすめ、地域の文化資源をどのように活用していけば地域振興につながっていくか考えていきたいと思います。

坊っちゃんスタジアムフィールドワーク

1年生グローカル明教課題研究友近先生講座では、「えひめ・まつやま・やきゅう」をテーマに学習しています。
11月4日は、坊っちゃんスタジアムへフィールドワークに出かけました。坊っちゃんスタジアムの周辺にある子規の句碑や近藤兵太郎氏の石碑について調べました。愛媛県の野球は、子規が伝えてから「野球王国」と呼ばれるほどの盛り上がりを見せるようになりましたが、その歴史や背景について今後も研究を進めていきたいと思います。

道後フィールドワーク

11月4日、1年生グローカル明教第5回課題研究の片岡先生講座は、道後フィールドワークを行いました。

この講座では「高校生が考える、愛媛を『住みたいまち』にするためのアイデア」をテーマに学習しています。
前回、愛媛プロレス様の講演では地元の人が地元をよく知り、好きになることが地域活性化のために必要であると学びました。今回は自分たちが今過ごしている松山、特に道後を楽しんで地域を好きになることを目標に、各グループで道後を満喫しました。市内電車、神社、足湯、カフェ、からくり時計など、様々なものに触れ、地域をさらに身近に感じたことと思います。次回以降の課題研究では、それぞれが関心のあることについて研究を進めていきます。

「EU」が東高にやってきた

11月9日、スロヴァキア共和国大使館からマリアーン・トマーシク特命全権大使夫妻がご来校され、1年生にEUの成り立ちや活動を紹介してくださいました。「異なる文化や伝統、言語を持つ多くの国が統合、共存することで平和と繁栄が達成できる」というお言葉が私たちの心に大きく響きました。その後の有志生徒らとの座談会ではスロヴァキアの話題になり、文化や政治体制から景勝地や食べ物など、話に花が咲きました。

第7回インターナショナルデー

11月6日(土)第7回インターナショナルデーが行われました。今回は、最近本校の仲間になった3人、アメリカから来られたALTのゴメス先生、アメリカから転校してきたえりかさん、そしてモンゴルからの留学生ドゥルグーンさん(ゆっこさん)がゲストでした。
メキシカン・アメリカンのゴメス先生は、メキシコのお話をしてくださいました。アメリカと接しているけれど、食べ物や音楽などの文化はずいぶん異なり、スペイン語の発音も英語とはずいぶん違っていました。えりかさんはペンシルベニア州とアラバマ州で過ごした経験から、2つの都市の違いや、それぞれの観光スポットを教えてくれました。そして、アメリカと日本の高校はどんな風に違うのか、興味津々のみんなの質問に丁寧に答えてくれました。ゆっこさんは急に参加できなくなったのですが、モンゴルについてのプレゼンテーションを送ってくれました。首都ウランバートルの近代的な美しい写真にみんな驚いていました。
そのあとはみんなで英語かるたを作成してそれで遊んだり、ジェスチャーゲームをしたり、英語をたくさん使える楽しい時間を過ごしました。

 

かがやき松山大賞受賞

囲碁・将棋部が10月31日かがやき松山大賞を受賞し、野志松山市長から賞状が手渡されました。

これは夏に行われた第45回全国高等学校総合文化祭(兼第57回全国高等学校将棋選手権大会)将棋部門で女子団体優勝の成果を認めていただいたものです。これを励みにこれからも腕を磨いていきます。

県新人戦で3位【柔道部】

10月31日(日)に愛媛県高等学校柔道新人大会が行われました。

2年生の岡本君が日々の練習の成果を発揮し、男子個人73kg級で3位という結果を残すことができました。他校の選手など多くの人の支えがあっての成果だと思います。感謝の気持ちを大切にして、12月の四国高等学校柔道新人大会では更に成長した姿を見せたいと思います。

高校生英語ディベートコンテスト県大会で優勝

10月26日(火)県高校生英語ディベートコンテストが行われました。

今年も全国大会に倣って、リモートでの実施でした。今年のテーマは「That the Japanese Government should relocate the capital functions out of Tokyo.(日本政府は,首都機能を東京の外に移転すべきである。是か非か。)」でした。iPadと端末PCを3台使い、ズームのチャット機能を利用してエビデンスのやり取りをするなど、デバイスの使い方に困惑しながらも、半年余り練習を重ねてきました。

東高からは2チーム出場しましたが、出場21チーム中ともに予選を勝ち抜き、決勝リーグに進みました。あいにく準決勝で当たってしまったため、Aチームは優勝、Bチームは3位となりましたが、どちらのチームも素晴らしいパフォーマンスを見せてくれました。そして、12月に行われる全国大会への出場権を得ました。

ディベートを通して、英語を話す力だけではなく、論理的なものの考え方や、エビデンスの集め方と整理の仕方、対戦相手を尊重すること、自分の役割をきちんと果たすこと、仲間の大切さ、周りの人たちへの感謝など、本当に多くのことを学んだと思います。全国大会ではさらに高いレベルで、自分たちのディベートができるよう頑張ってきます!

明教祭開催

29日(金)、COVID-19の影響で約1ヶ月遅れとなった文化祭が行われました。
今年から「明教祭」の名前を設定し、中身も新たになりました。

感染症対策の観点から、3年生は午前のみ、1,2年生は午後のみの2部構成となり、会場を見て回る時間は限られてしまいましたが、そのぶん濃密な時間を過ごすことができました。