学校日記

台湾と交流

本校は、毎年海外フィールドワークで訪れる、台湾国立中興大附属中学校と交流が続いています。
2ヶ月に一度程度、テーマを決めてディスカッションしていますが、7月はSDGs13番の「気候変動に具体的な対策を」と5番の「ジェンダー平等を実現しよう」について、オンラインで2回のセッションを行いました。
お互いが調べたことを発表して、それに対してどんどん質問の手が上がります。ジェンダーの回では、女性に対するイメージはどちらの国もそんなに変わらなかったのですが、台湾は夫婦別姓で、日本のように夫の姓を名乗る人が大半であることとは大きな違いでした。
お互い母国語でない英語で深いディスカッションするのは難しいですが、英語を使うことで、言葉の通じない人たちと意思を交わし合うことができます。世界中の人たちに意見を伝えたり、質問をしたりする道具としての英語をもっと磨いて、高校生同士の交流も長く続けていきたいです。

制作快調

放送部が全国高校放送コンテストに出場します。
放送室ではラジオドラマの制作が快調に進んでいました。

4色のタイル

アリーナの壁には緑、紫、赤、黒の4色のタイルによる飾り付けがあります。
グループのやぐらの位置と同じ配置になっています。

4色のタイルは構内の他の場所にも施されています。

一人一台端末の授業への活用

今年度から一人一台端末が導入され、授業やホームルームで毎日活用されています。

6月21日(月)に活用状況の取材にNHKが来られ、多くの授業を撮影しました。生徒や教師へのインタビューも行われました。

まだ、導入されたばかりで、使用方法は無限に広がります。今後各教科で研究が進み、授業改善へつながると思われます。

取材の様子は、6月29日(火) 18:10からの「ひめポン」で放送予定です。

取材1取材2

取材3取材4

市内フィールドワーク

17日1年生のG明教の時間に、市内フィールドワークを実施しました。昨年度は、新型コロナウイルスの影響で中止しましたが、坂の上の雲ミュージアム及び秋山兄弟生誕地のスタッフの方々の細かい配慮もあり、実施することができました。本校のOBである、正岡子規、秋山好古、秋山真之氏の功績について深く学ぶことができました。先人達の高い志と郷土への熱い想いを我々も後輩として引き継いでいきたいと強く感じることができました。
坂の上の雲ミュージアム及び秋山兄弟生誕地のスタッフの方々、本当にありがとうございました。

放送コンテストで全国出場決定&学校紹介ビデオWIP

放送部が先週行われた全国放送コンテスト愛媛県予選の複数の部門で上位入賞し、全国大会出場が決定しました。

さて、その放送部のみなさんのご協力のもと、新しい学校紹介ビデオが現在制作進行中です。
どんなものになるか楽しみです。

壮行会

今週の学校集会は四国総体・水泳県総体の壮行会でした。

各部代表の挨拶のあと、校長先生から激励の言葉をいただきました。
また、生徒会長から「がんばっていきましょい」と応援メッセージがありました。

活躍に期待です。

2年生G明教 保健講話

14日の2年生G明教は、愛媛大学国際連携推進機構 国際教育支援センター准教授 高橋志野先生に、『海外研修・留学のための危機管理』という演題のもと、リモートで御講演いただきました。
コロナ後に海外へ行きたい生徒たちが多く、今日の講演では研修や留学の際にどのような点に気を付けるべきか、具体例を紹介していただきました。海外での予期せぬ出来事に備えるため、【いつも心にPlan D(代替案)を。】を合言葉にして、様々な対応を考えておくことが必要なこと、海外では自分が「外国人」であることを忘れないこと、常に情報をチェックすること、日本の常識が外国では常識ではないことなど多くのことを学びました。また情報源として外務省海外安全HPやたびレジなども紹介していただきました。
高橋先生、ありがとうございました。

マーマレードアワードで銀賞

課題研究の岡本威明先生(愛媛大学教育学部教授)講座では、機能性食品の研究を行っています。その一環として、3年生マーマレード班では、抗アレルギー効果がある沖縄県産シークヮーサーを用いたマーマレード作りを行い、八幡浜市で開催されたダルメイン世界マーマレードアワード&フェスティバル日本大会(高校生の部)へ出品しました。
2作品を出品して、審査の結果、銀賞と銅賞を受賞することができました。この成果を引き継ぎ、2年生が来年のマーマレード大会に出品し、金賞を目指します!