学校日記

第3回International Day

6月12日(土)第3回International Dayを行いました。新型コロナウイルスの感染に十分気をつけながら、久しぶりにゲストに来ていただき、対面で行うことができました。直接英語をたくさん聞いて話すことができ、オンラインにはない良さを感じることができました。

今回はKathrynさん(ドイツ)、Anjorinさん(ナイジェリア)、Jordanさん(オーストラリア)、Prestonさん(アメリカ)に参加していただきました。そして、ドイツについてのプレゼンテーションを聞きました。

ドイツの国旗の色は、黒・赤と、黄色ではなく金色なのだそうです。言語はもとより、祭りや食べ物や教育制度など、意外と知らないことばかりでした。ドイツ語、英語、フランス語、デンマーク語を操るキャサリンさんから、「間違いを恐れずに、言語を使ってみてください。周りのみんなが助けてくれるから。」というメッセージをもらいました。

その後は科学クイズやペーパータワーゲームを一緒に楽しみました。ネイティブの英語を聞いたり、英語を使って交流したりしたい人は大歓迎です!

朝の読書の時間に「読み聞かせ」を実施

6月11日(金)朝の読書の時間に「読み聞かせ」を行いました。

図書委員会では、例年読み聞かせの本を自分たちで選定し、各クラスで読み聞かせを行っています。

図書委員の朗読を、真剣に集中して聞いていました。

 

普段の朝の読書の時間とはまた違った、良い時間を過ごすことができました。 

 

ホームルーム活動研究授業

10日(木)1限目、1年5組で人権同和教育ホームルーム活動の研究授業がありました。

「部落差別解消法~『寝た子を起こすな』という考え方について~」をテーマに、生徒アンケートや「人間の輪」、作家の村上春樹さんの経験が資料として用いられ、積極的に話し合いや意見発表がありました。

全国大会出場決定

部活動の大会の季節です。
ボート部、文芸・俳句部、かるた部、囲碁・将棋部では、それぞれ全国大会への出場が決まりました。

あじさい

明教館の前と家庭科教室の北側にあじさいが咲いています。

梅雨の晴れ間で気温が上がり、多くの教室でエアコンの使用が始まっています。

1年生進路指導ホームルーム活動

8日(火)の1年生ホームルーム活動は進路指導でした。

まず進路課から、学習について、模擬試験について等の話がありました。
また、その後各ホームルーム教室で担任の先生から進路希望調査についてやポートフォリオの設定の説明等がありました。

第3回の市内高校生交流会・勉強会

6月6日(日)、第3回の市内高校生交流会・勉強会が行われました。新型コロナウイルスの感染拡大に最大限の注意を払いながら、久しぶりに対面で、ゲストや他校の皆さんをお招きして、50人近い意識の高い集団で、答えのない問題について考え、話し合うことができました。

今回は、津軽三味線奏者の片山慈(めぐみ)先生をお招きしました。津軽三味線の歴史から、エフリコギ(ええ格好しい)でジョッパリ(強情)な奏者の気質や、「人の真似でない自分の三味線を弾け」

という極意まで、引き込まれるようなお話をしていただきました。そのあとじょんがら節を生演奏していただき、太棹のうねるような音圧と繊細な旋律が私たちの心にダイレクトに響きました。

最後に、音楽はどんな時も自分の心に寄り添ってくれる大切な文化だということと、「好き」を見つけて突き詰めてほしい、というメッセージをいただきました。

そのあとは、SDGs4番「質の高い教育をみんなに」について、教育を受けられない子どもたちがたくさんいる現状や、教育が全ての問題を解決する最強のツールである理由や、インターネットの時代だからこそ私たちは教育格差をなくす努力をしなければいけないこと、そして、私たち高校生が日本のため、世界のためにできることをディスカッションしました。

1年生 第5回G明教「レペゼン故郷」

本日は、一般社団法人 いよのミライカイギ 代表理事の冨田さん、伊予市双海町地域おこし協力隊の上田さんにリモート配信で御講演いただきました。地域おこし協力隊としての活動内容、移住してからの生活など、地域課題に取り組む様子や実際の活動内容を詳しく教えていただきました。地域おこし協力隊の皆さんは、地域の仕事紹介、農林漁業の応援、住民の生活支援や地域のPR活動など多岐にわたって活動されていることが分かり、自分たちの気付かないところで、地元を応援して行動してくれる人々がいることに感謝の気持ちを持ちました。
上田さんは高校生と近い世代で、学生生活の様子や現在の活動を聞いて刺激を受けた生徒もたくさんいると思います。自分にできることや自分がしたいと思うことは何なのか、考える機会となりました。また、講演全体を通して双海を愛する気持ちがとても伝わってきて、地域の課題に対して前向きになることができました。「田舎嘆きの十か条」ではなく、「田舎楽しみの十か条」へ。2学期からは生徒が自分で課題を設定する課題研究も始まります。それぞれの課題に前向きに取り組んでいきましょう。
冨田さん・上田さん本日はありがとうございました。

県総体壮行会

今週の学校集会は、総合体育大会の壮行会が配信で行われました。

今週末に行われる県総体に出場する各運動部のキャプテンが抱負を語り、
生徒会長と校長先生から激励を受けました。

校長先生は、選手たちに「落ち着いたメンタリティ」「チームワーク」「熱さ」の3点を大切にすることや支えてくれた方への感謝の気持ちを忘れないことなどを伝えられました。

選手のみなさん、全力を出し切り、悔いの残らないように頑張ってください。

校長先生