お知らせ・更新情報

GLコース 2年生が企業訪問に行ってきました

7月27日、プラスチックごみ問題に取り組んでいる梶原先生講座では、本校のごみを回収してくださっている松山容器株式会社様を訪問し、プラスチックごみの回収やリサイクルについてお話を伺いました。
ペットボトルの選別作業をしているところや、圧縮されたペットボトルやプラスチックごみが貯蔵されているところを案内して頂き、沢山の質問に快く答えて頂きました。選別のレーンは長時間の立ち仕事で大変な労働であることが判りました。夏場はごみに汚れがついていると不衛生になりやすく保管が大変とおっしゃっていました。ごみを出す際に気を付けてほしいことは、プラ容器についた汚れを水で流す、ペットボトルはキャップとラベルをとることだそうです。
また、プラスチックゴミ問題には、環境や国際情勢、行政など、色々な要素が絡み合っている様子も分かりました。さらに、企業の社会貢献活動についても教えていただき、環境問題解決のために求められる企業の姿を見ることができました。この学びを広く共有し、今後の課題研究や日常生活に活かしていきたいと思います。
松山容器株式会社の皆様ありがとうございました。

グループマッチが行われました

 

29日、グループマッチが行われました。

今年度最初のグループ対抗行事になったのと同時に、今年度初めて3学年がそろっての行事になりました。
感染症対策として室内競技の応援はできませんでしたが、生徒たちはそのぶん屋外種目の応援やそれぞれの出場種目で張り切りました。
結果発表も、今年は吹奏楽部の協力でドラムロールで盛り上げるなど、ウィズコロナのグループマッチとなりました。

【文芸俳句部】興居島吟行に行ってきました!

好天に恵まれた7月のある日、私たち文芸俳句部員は、興居島吟行に行ってきました!

高浜港からフェリーに揺られて15分、あっという間に到着したので、その足で厳島神社に参拝しました。戦勝祈願の神社ということで、俳句甲子園の必勝祈願をしたのは言うまでもありません。厳島神社

次に訪れたのは、地獄絵で有名な弘正寺です。思いがけずご住職さん直々のご説明をいただき、じっくりと地獄絵を眺めました。弘正寺 地獄絵

昼食は、近くの海の家で、ここでしか味わえない海の幸を味わいました。たこめし・サザエの刺身、ひじきの天ぷら等々にお腹を満たしまし海の幸た。

午後からは、ピクニック気分を一新し、海辺の景色を眺めながら俳句創作に励みました。梅雨晴の好天に恵まれたので、良い句を多く創作できました。俳句創作

伊予灘の潮風を浴びながら、早めの帰路につきました。実に有意義な半日でした。
8月は「俳句甲子園」がリモートで開催される予定です。新型コロナウイルス感染拡大防止を受け、特殊な開催方法になりますが、文芸俳句部は慌てることなく、しっかりと活動に邁進しますので、今後ともご声援をよろしくお願いします。

市内高校生交流会・勉強会が行われました

7月26日、60人以上の高校生が本校に集まり、市内高校生交流会・勉強会が行われました。

今回はSDGs1番の「貧困をなくそう」から、子どもの貧困について考えました。社会福祉士の野中玲子さんに来ていただき、7人に1人にのぼる子どもの貧困は、ひいては母親である女性の貧困であること、日本では働けば働くほど貧困になるという、所得の再分配がうまくいっていないことなどを教えていただきました。

そのあとみんなで、自分たちに何ができるか、何をしなくてはいけないかを考えました。私たちの力で貧困をゼロにすることはできないけれど、私たちの目に見えることが全てではないと気づくこと、隣の人を思いやる気持ちや言葉が何よりその人の励みになること、考えたり感じたりしたことを誰かに共有して活動の輪を広げていかなくてはいけないことなど、大切なことがたくさん学べました。

 

G明教 芝大輔先生講座 ローリングストック

芝大輔先生講座では、災害に備え備蓄した食品を定期的に消費し、食べた分だけ買い足していくローリングストックについて学びました。何をどのくらい備えるべきなのか。芝先生の現場での経験を基に各グループで話し合い理解を深めることできました。また、各家庭に備蓄されている食品を持ち寄り、実際に調理実習を行いました。
備蓄が習慣化され、普段の暮らしの中で当たり前となるよう啓発に取り組んでいきたいと思います。

第2回インターナショナルデー

7月23日の午後、SGH部主催の第2回インターナショナルデーが開かれました。今回は7人ものゲストが来てくださり、代表してキャンベラ出身のジョーダンさんが、オーストラリアについて、クイズを交えながらプレゼンテーションをしてくださいました。
たくさんのネイティブが来てくださったこともあり、今日のアクティビティーは、出来るだけたくさん英語を話すことを目標に行われました。楽しくて、スピーキングのいい練習になりました!

学習教材に7月23日に実施した「教科書1冊で解ける『東大日本史』」のテキストと解説をUPしました

学習教材>3年生>3年生文系>日本史に「2020EASTUP」のフォルダを作成し、7月23日に実施した第1回EAST UPの日本史の講座で使用したテキストとその解説を掲載しました。

パスワード(認証キー)は、休校・分散登校中に使用したものと同じです。

当日は、「東大日本史」と「京大日本史」を行いましたが、そのうち「東大日本史」についてUPしています。

先にテキストをダウンロードして「東大チャート」を埋めてから、解説を見てください。 

(当初は、Youtubeに対象限定でUPする予定で、参加生徒にも了承を得ていたのですが、ビデオを見たらマスクをしていたので何を言っているのか全く聞き取れませんでした心配・うーん) 

2年生GLコースJackson先生講座での国際ミーティング

7月20日、本校2年生GLコース、Jackson先生講座の生徒4名が、ドイツのベルリンで移民支援や調査研究を行っているNGO “Migration Matters" のアメリカ人研究者と、オンライン会議ソフトを用いて国際ミーティングを行いました。ドイツ・日本・アメリカでの異文化理解教育についての違いや、これからの国際化時代に向けての異文化理解における課題について活発なディスカッションが行われました。ネイティブスピーカーとディスカッションはすべて英語でしたが、生徒はしっかりとメモを取り、話を聞いて、議論に参加することができました。

EAST UP講座が始まりました。

4連休の初日、今年度第1回EAST UP講座を行いました。
新型コロナウィルス感染症による影響で先が見えない大変な状況ですが、
東高生は、志を高く、目標に向かって、しっかり頑張っています。

  
  

オンライン英会話スタート

2年生対象のオンライン英会話の授業が始まりました。1回目は「日本料理の作り方」について、オンライン上の相手に一生懸命に伝えていました。しっかりと準備をして臨み、有意義な時間となりました。活動の様子については、後日、ビデオでも紹介する予定にしています。