第5回中四国高校生会議

1月30日、31日、年に一度の「中四国高校生会議」が開かれました。これは、企画・運営の全てを生徒が行う、本校主催の会議です。

県内より95名の未来のリーダーたちが集まり、プレゼンテーションやディベートの勉強をしながら、「私たちの生まれ育った街をずっと大事にしたい!」をテーマにディスカッションを行いました。

松山市役所の矢野幸平先生に、まちづくりの最前線のお話をしていただき、SDGsの11番「住み続けられるまちづくりを」につながる地域の社会問題を挙げ、その解決に向けて何が出来るかアイデアを出し合いました。

いろんな学校の人の話を聞いて、刺激を受けて、学ぶことがたくさんありました。プレゼンでも英語でも、表現することの面白さと難しさを学びました。大変実のある2日間でした。