GL明教 「地域スポーツの持続可能な発展に向けて~マドンナカップとひめっこビーチスクールの取り組みを通して~」

初めてのフィールドワークとして、石手川緑地ビーチバレーコートの施設見学と、この施設建設に関わりの深い、愛媛県ビーチバレーボール連盟理事長川井隆広さんとの座談会を実施しました。座談会では、日本のビーチバレーボールの歴史や現状について詳しく教えていただきました。また、愛媛県のビーチバレーボールについて、特に、佐伯美香さん、楠原千秋さん、伊藤涼子さん、3名の愛媛県出身元オリンピック選手の内輪話や、全国高等学校ビーチバレーボール女子選手権大会(マドンナカップ)が20年以上続いてこの愛媛県で開催されていることなど、数多くの興味深い話を聞かせていただくことができました。事前に準備していた様々なビーチバレーボールに関する質問にも、非常に分かりやすく説明していただくことができました。このフィールドワークで得た経験を今後の課題研究に生かせるよう、今後も研究を続けていきたいと思います。

タグ 1年生