市内高校生交流会・勉強会が行われました

7月26日、60人以上の高校生が本校に集まり、市内高校生交流会・勉強会が行われました。

今回はSDGs1番の「貧困をなくそう」から、子どもの貧困について考えました。社会福祉士の野中玲子さんに来ていただき、7人に1人にのぼる子どもの貧困は、ひいては母親である女性の貧困であること、日本では働けば働くほど貧困になるという、所得の再分配がうまくいっていないことなどを教えていただきました。

そのあとみんなで、自分たちに何ができるか、何をしなくてはいけないかを考えました。私たちの力で貧困をゼロにすることはできないけれど、私たちの目に見えることが全てではないと気づくこと、隣の人を思いやる気持ちや言葉が何よりその人の励みになること、考えたり感じたりしたことを誰かに共有して活動の輪を広げていかなくてはいけないことなど、大切なことがたくさん学べました。