第6回市内高校生交流会・勉強会

11月7日、SGH部主催の第6回市内高校生交流会・勉強会が開かれました。毎月SDGsの目標を一つずつ選んでみんなで考えていますが、今月は5番「ジェンダー平等」を取り上げました。3年生の法学部を目指す先輩方や、他校の2年生たちも加わって、40人近くでの勉強会となりました。

今回は県議会議員の武井多佳子先生をお招きし、政治の世界の実情と、どんなことに取り組んでおいでるのか話していただきました。「202030」といって、2020年までに女性の政治参加を30%にしようという目標があったにも関わらず、目標達成には程遠いこと、女性は自己評価が低く自信を持ちにくいという壁があり、知らないうちに自分の偏見に縛られていることもあること、世代の変化とともに良い変化は見られるけれど、ジェンダーギャップ指数に現れるように、世界の変化の速さに日本は全くついて行けていないことなど、興味深いお話がたくさん聞けました。質疑応答では手が上がりすぎて、全員が質問できないほどでした。

そのあと、世界と日本のジェンダー平等について事実を知り、話し合いをして、自分たちには何ができるか考えました。男子から始まる東高の生徒名票、ピンク色ばかりの女の子のおもちゃ、女性ばかりがしている家事育児、「何かおかしい」と感じて、声を上げていくことが大事であることがわかりました。

タグ SGH部