緊急災害時等における対応

愛媛県立松山東高等学校

  1. 平常の登校時において、中予地区もしくは居住市町に「特別警報」、「暴風警報」または「暴風雪警報」が発表されている場合は、登校せず自宅で待機する。
  2. 正午までに「特別警報」、「暴風警報」または「暴風雪警報」が解除された場合には、授業の準備をし、安全に十分留意して登校する。(実施可能な校時から授業等を行う)
  3. 正午の時点においても「特別警報」、「暴風警報」または「暴風雪警報」が継続している場合は、「臨時休業」とする。
  4. 特別警報」、「暴風警報」または「暴風雪警報」以外の「警報」及び各種の注意報の場合は、周囲の状況をよく確認の上、安全に十分留意して登校する。
  5. 公共交通機関が災害や事故で利用できない場合は、原則として代替の交通手段を確保し、安全に十分留意して登校する。ただし、代替の交通手段が確保できない場合や、安全に登校できない場合は自宅待機とし、自主学習する。
  6. 居住地区に地震・津波等の大災害が起こっている場合や、避難準備・避難勧告・避難指示が発令されている場合は、生徒及び家族の安全確保を最優先し、自宅等で待機または避難するなど、直ちに命を守る行動をとる。
  7. そのほか、災害や事故が発生した場合は、各自が状況を的確に判断し、登校できる状態であれば、安全に十分留意して登校する。
  8. 休業日に模擬試験や部活動等が実施されている場合、上記に準じる。
    (学校行事等がある場合)
  9. 松山東高校ホームページで確認する。原則として学校への電話による問い合わせはしない。


コンテンツのトップ 次のページ
SGH Page