緊急災害時等における通学について

 

1 平常の登校時において、中予地区にすべての「特別警報」もしくは「暴風警報(暴風雪警報)」が発令されている場合は、登校せず、自宅で待機する。
 (1) 正午のニュースまでにすべての「特別警報」もしくは「暴風警報(暴風雪警報)」が解除された場合には、安全に十分留意し
    て登校する。この場合、「授業開始時間の繰り下げ」という処置を行う。
 (2) 正午のニュースの時点においても、すべての「特別警報」もしくは「暴風警報(暴風雪警報)」が継続している場合は、「臨時
    休業」とする。
2 すべての「特別警報」もしくは「暴風警報(暴風雪警報)」以外の「警報」及び各種の「注意報」の場合は、原則として授業を行うの
 で、安全に十分留意して登校する。
3 公共交通機関を利用している生徒で、公共交通機関が災害や事故で不通又はストライキ等で利用できない場合は、原則
 として代替の交通手段を確保し、安全に十分留意して登校する。
4 その他の災害や事故が発生した場合は、各自が状況を的確に判断し、登校できる状態であれば、安全に十分留意して登
 校する。
5 原則として学校への電話による問い合わせはしない。

 


前のページ
図書館利用の方法
コンテンツのトップ 次のページ
特別時程