2018年12月14日(金曜日)

ウガンダフィールドワーク5

カテゴリー: - kanri-O @ 13時00分53秒

13日は在ウガンダ日本国大使館に赴き、亀田和明大使を表敬訪問いたしました。

最初に今回の研修内容を説明した後、研修による各々の学びを述べさせていただきました。
研修前にウガンダについてどんな勉強をしてきたか、ウガンダやアフリカに対する印象がどのように変わったかや、
ウガンダの人々から学ばされたことがたくさんあったこと、今後の抱負についてなどをそれぞれが申し述べました。
亀田大使には、ウガンダやアフリカについてよく調べてから研修に臨んでいることにお褒めの言葉をいただき、
「情報があふれる中で、時にはその情報が正しいか、実際に目で見て確かめることも大切だ。
海外から日本を見ることで、日本では当たり前のことが違って見えることもある。
今回の素晴らしい経験を今後に生かし、社会に貢献していただきたい」という激励をいただきました。
亀田大使との約1時間の懇談の中で、自分たちの学びを再確認し、考えを整理することができました。
お忙しい中、私たちのためにこのような貴重な場を設けていただき、本当に感謝の気持ちで一杯です。

表敬訪問を終えた後、エンテベ空港へ向かう途中、今回の研修に帯同し
通訳を務めていただいたフランシスさんのご自宅に寄らせていただきました。
奥様を紹介していただき、庭になっているマンゴーをご馳走してくださいました。
マンゴーを丸かじりするのは初めての経験でした。

考えてみれば、私たちは食卓に出てくる食材が、どのように育ち、
どのように実っているかさえ知らないことが多々あります。
当たり前のように欲しいモノが手に入る私たちの環境は、決して当たり前ではなく、
有難いものだということを痛感するフィールドワークとなりました。
このマンゴーの香り・甘み・食感や思わずこぼれたみんなの笑顔は、大切な思い出となり心に刻まれました。
フランシスさんの明るい人柄には、何度も和まされました。本当にありがとうございました。

長いようであっという間に過ぎ去ったウガンダでの生活ももう終わりです。
警察犬の手荷物検査に驚かされながら、出国手続きも完了しました。
ドバイを経由し、日本に帰国します。慣れ親しんだ日本が、帰ったら少し違って見えるような気がします。

長距離移動になりますが、元気で帰りたいと思います。
20181214_UG11.jpg 20181214_UG12.jpg
20181214_UG13.jpg 20181214_UG14.jpg

Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress