お知らせ・更新情報

演劇部定期公演は3月30日!

先般、演劇部第6回定期公演について3月31日(火)とお知らせしましたが、3月30日(月)の間違いでした。大変失礼いたしました。お詫びして訂正いたします。
時間帯は下記の通りで変更ありません。ご迷惑をおかけしまして誠に申し訳ありませんでした。

演劇部は県代表として12月の四国大会に8年連続の出場を果たし、本年度は優良賞を受賞しました。
その後は予餞会の舞台班・ビデオ班に各自で参加
(舞台班班長北條、ビデオ班班長白石、両名ともに演劇部員です!)、

現在は2種類の部内公演に向けて皆で日々練習に励んでいます。
3月からはいよいよ大会演目であり定期公演でも上演する「ひかるちゃんのライフ・イズ・ビューティフル」の練習に戻ります。文化祭は別演目でしたので、「ひかるちゃん」は本校生徒および地域のみなさまには初のお目見えとなります。練り直して最高の舞台にしたいと思っています。どうぞご家族お友達お誘いあわせの上、3月30日は市民会館中ホールにお越しください!

第6回松山東高校演劇部定期公演
演目 「ひかるちゃんのライフ・イズ・ビューティフル」
場所 松山市民会館中ホール
日時 3月30日(月) 17:30開場 18:00開演 19:00(頃)終演予定
   入場無料


愛媛マラソンボランティア

陸上競技部と野球部は、2月9日(日)に愛媛マラソンのボランティアへ参加しました。

男子はコースの設営、片付けを手伝い、女子は堀之内でランナーの荷物整理やシャッターボランティアを行いました。大きなイベントで貴重な経験をさせていただきました。

 

第4回中四国高校生会議

2月8、9日の2日間、えひめ青少年ふれあいセンターで、
SGH部主催の第4回中四国高校生会議が開かれました。
岡山や高知からも参加いただき、県内の高校生も含めて総勢70名ほどの大きな会議となりました。

今年のディスカッションのテーマは、「SDGsで地域創生」とし、
問題の解決だけでなく利害関係の調整に焦点を当てて話し合い、斬新な解決策を見出しました。
その他にも、英語ディベート大会をしたり、
難関大の問題に挑戦する学習会をしたり、充実した活動が盛りだくさんでした。

何より、一緒に食事をとり、風呂に入って、語り合いながら寝て、
同じ時間をたくさん過ごすことで、学校を超えて本当にいい仲間となれた1泊2日でした。




3学期 East CLIL

East CLIL 三学期は、数学と保健でした。

数学では多角形の名前や面積を出す計算方法などを習い、
タングラムパズルを使って演習しました。

保健では、感染症の予防について習い、マスクの付け方や手の洗い方から、
新興感染症の予防まで、様々なテーマでの実践をプレゼンテーションしました。
お待ちかねの教科担当の先生による英語でのコメントは、
先生方も一生懸命英語を話してくださるので、私たちも一生懸命聞きました。

 

避難所運営の訓練に参加

1月30日(木)に芝大輔先生講座の生徒が、松山東雲女子大学で行われた避難所運営の訓練に参加しました。
各自が様々な立場の人になりきって参加することで多様な意見を出し合うことができ、
またネット上の掲示板を通してそれらを共有することができました。
今回の訓練で得た成果をポスターにまとめていき、今後の生活にも生かしていきたいと思います。



「道後にきたつの路 朝市」に参加

1月26日(日)、G明教課題研究岡本先生班が「道後にきたつの路 朝市」に出店しました!
今回は、研究を通して作成した餃子とカップケーキとじゃこ天を「道後の朝市」にて出品・販売いたしました。
当日参加した人も、参加できなかった人も、商品の試作やマーケティング、宣伝等の役割をそれぞれが分担し、
この日のために、綿密な準備を重ねてきました。
当日は幸いにも雨が上がり、観光客や地元の方など、多くの人に商品を買っていただきました。
餃子をお客様の目の前で焼いたのはもちろん、街頭でのビラの配布、大声出しての呼び込み、
お金のやり取りなど、普段の学校生活ではできない経験をたくさん積むことができました。
また、最終的に餃子・カップケーキ・じゃこ天すべて完売し、満足のいく結果となりました。
反省点も多々ありましたが、次回以降に生かしていければと思っています。
今後は、今回の経験で得たことや反省点など踏まえて、レシピの改善に取り組みつつ、研究のまとめに取り掛かっていきます。
朝市に来て下さった皆さん、本当にありがとうございました!

 
<

日本ESD学会第1回四国地方研究会に参加

1年生G明教向先生講座、竹下先生講座が1月25日(土)、
松山市教育研修センター事務所にて開催された日本ESD学会第1回四国地方研究会に参加しました。
基調講演に続いて行われた分科会では、向講座の生徒が3グループに分かれ、
愛媛大学の大学院生や、NGOの発表に混じって、博物館における資料保存の活用や課題、
動物園など社会教育施設における情報発信の在り方、
持続可能な社会実現のためにパーム油の問題を啓発する活動について発表を行いました。











「地域との協働による高等学校教育改革推進事業(グローカル型)」研究成果発表会の開催について

本校は本年度より文部科学省から「地域との協働による高等学校教育改革推進事業(グローカル型)」の
3年間の指定を受け、グローカルリーダー育成に向けた教育プログラムの研究開発に取り組んでおります。
以下の通り、このプログラムの研究成果発表会を行いますのでお知らせいたします。

日時 令和2年3月5日(木) 13:15~16:05
会場 愛媛県立松山東高等学校体育館、アリーナ、第1教棟2階
〒790-8521 愛媛県松山市持田町2丁目2-12 TEL 089-943-0187
日程

12:45~13:15 受付(体育館玄関)
13:15~13:25 開会行事
13:25~13:45 本年度卒業生による体験発表
13:45~13:55 代表生徒ポスター発表1
13:55~14:05 代表生徒ポスター発表2
14:15~15:25 松山東High School Society、ポスターセッション
15:35~15:55 中国フィールドワーク報告
15:55~16:05 閉会行事

 参加申込 準備の都合がございますので、参加希望の方は、所属機関等・職名・お名前を
FAXにて2月17日(月)までにお知らせください。
 FAX 089-934-5766

詳細および参加申込用紙はこちらをご覧ください。(pdf)

えひめスーパーハイスクールコンソーシアムに参加

24日、松山コミュニティセンターで開催された
「えひめスーパーハイスクールコンソーシアムin中予」に本校生徒が参加しました。
午前中のステージ発表では、SGH部が研究した
「私たちの食ロスとの闘い〜楽しく・息長く・そしておいしく〜」を英語で発表しました。
また、「日本の次世代リーダー養成塾」に参加した1年の渡部さんと2年の丸岡さんが、
体験発表を行いました。他校の独自の取り組みも発表され、大変勉強になりました。
午後からは、「高校生が考える、えひめ中予の地域活性化」をテーマにパネルディスカッションが行われました。
本校からは司会に2年の丸岡さん、パネリストとして1年の小倉君と坪内さんが参加しました。
他校の生徒とともに、地域の魅力をどのように再発見し、どのように発信するかについて討論しました。
高校生らしい意見が沢山あり、将来地域活性を担っていく若者のエネルギーを感じ取ることができました。

本日、勉強させていただいた内容を、今後に生かしていきたいと思います。





G明教 小林修先生講座 報告

23日 モザンビークから愛媛大学への留学生ロザリナさんから
モザンビークの教育事情、文化、自然、時間の観念などについてお話しいただきました。